Nazeima3

なぜ今学校図書館かOfiicialサイトへようこそ!

今、学校図書館が注目されています。
神奈川県高等学校教職員組合・図書館教育小委員会では、
学校司書や教職員約20人が集まり、学校図書館の機能の充実をめざし日々、
実践を共有、議論を重ねています。
2018年5月には、過去20年にわたる実践や理論を記した『なぜ今学校図書館か3』を発行しました。

●『なぜ今学校図書館か3』

なぜ今学校図書館か / 神奈川県高等学校教職員組合図書館教育小委員会編. – 3
 横浜 : 神奈川県高等学校教職員組合, 2018. – 88p ; 30cm

●なぜ今学校図書館か3とは(第1章より抜粋)
昨今の学校図書館をとりまく状況の変化には、著しいものがあります。学校図書館に期待される役割はもちろん、公の政策や職員制度にも次々と変化が起こっています。
神奈川で『なぜ 今 学校図書館か 2』が上梓されたのが20年も前の1996年。この20年間、県内でも学校図書館の活動は大きく変化してきました。この変化をふまえ、現在の神奈川県立高校の学校図書館を記録し、今後への指針となるような、新たな『3』の必要性を、今感じるようになってきました。
子ども主体ではあるが、教育機関でもあり、かつ奉仕機関でもあるのが学校図書館である、との考え方をふまえ、今現在の神奈川の実践、理論をまとめておきたいと考えました。この『なぜ 今 学校図書館か 3』が今後の神奈川の学校図書館活動の基盤となることを願っています。
また、学校図書館の利用者として、図書館を活用する立場である教職員の皆様に、神奈川の学校図書館を共に考えていただき、忌憚ないご意見をいただく一助になればと考えています。

●お求めはこちら

●なぜ今学校図書館かバックナンバー

バックナンバーは神奈川県高等学校教育会館附属県民図書室で閲覧できます。

なぜ今学校図書館か / 神奈川県高等学校教職員組合, 学校図書館基本問題検討委員会編. –
横浜 : 神奈川県高等学校教職員組合, 1986. – 46p ; 26cm

なぜ今学校図書館か / 神奈川県高等学校教職員組合図書館教育小委員会編. – 2
 横浜 : 神奈川県高等学校教職員組合, 1996. – 95p ; 26cm

 

広告